栄養成分表示

ANALYSIS

ふくしまフードエンジニア

栄養成分表示に必要な項目を分析し、食品表示法にそった適切な表示するための検査です。

栄養成分の表示は義務化されています。
2015年4月1日に食品表示法が施行され、容器包装に入れられた加工食品及び添加物は栄養成分を表示することが原則として義務化されています。
商品ブラッシュアップ・リニューアル・モデルチェンジの際に!
当組合の『カロリー検査』をお役立てください!!

食品成分の測定にコスト(人・設備・お金)がかけられない・検査方法がわからないお客様に!
福島県食品生産協同組合に、検査をお任せください。
  • 計測できる食品成分7項目
    熱量(カロリー)、たんぱく質、脂質、炭水化物、水分、ナトリウム、塩分相当量
  • 福島県食品生産協同組合を選ぶ理由
    組合員外 1検体 7,000円(税込)
    組合加盟企業 1検体 3,000円(税込)

    年間20検体以上検査される場合は、組合加盟の方がお得になります。

栄養成分表示に必要な検査項目

エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量の成分表示が必要となります。
ナトリウム(単位mg)の表記は任意です。当組合のカロリー検査7項目で対応できます。

検査結果は、商品パッケージの栄養成分表示に、使用できます。

カロリー検査7項目の検査結果はご自由にご使用ください。パッケージに表示の際は【この数値は目安です】と記載してください。

安心・安全の測定方法

等組合では、加工食品の栄養素5項目、さらには食品に含まれる成分測定まで7項目を近赤外分光法を用いて検査しています。

  • 近赤外分光法(透過式・反射式併用)とは
    公開特許公報(A)-近赤外分光法を用いた野菜等の成分の非破壊計測法および非破壊計測装置 出願番号:2009055779

    試薬や消耗品を使用しない成分測定法で測定対象に赤外線を照射し、対象が吸収した光のスペクトルを分析する」という分析方法です。 果物の糖度分類や穀類の水分の測定にも用いられています。

  • 学校法人 福島学院との連携協定による経費軽減

    当組合では組合員及び全国の中小食品製造事業者の経営負担を軽減すべく、福島学院大学食物栄養科と連携協定を締結し、共同での食品栄養成分分析を令和元年11月より開始。 検査については、福島学院大学にて実施しています。

検査の流れ
  • Step01
    お申し込み

    「FAX用紙ダウンロード」から、ダウンロードしていただき、
    プリントした用紙に必要項目をご記入の上、FAXしてください。

    FAX ➡️ 024-577-2238
  • Step02
    お申し込みの確認

    組合事務局より確認の連絡をさせていただき、その後お見積もり・ご請求書をお送りします。
    入金確認後、検査スケジュールを打ち合わせさせていただきます。

  • Step03
    検査品(食品)発送

    組合事務局より検査予定日と検体納品日をFAXにてお知らせします。
    検体送付は、保存方法と同等条件で下記まで発送してください。

    【発送先】
    〒960-0181 福島市宮代乳児池1-1
    福島学院大学 食物栄養学科 食栄館
    カロリー検査 係 TEL:024-553-3221
    ※品名に「検体」と記載ください。

  • Step04
    検査実施

    検体到着後、検査を実施します。

  • Step05
    検査結果ご報告

    検査結果はFAX通知後、報告書原本を郵送いたします。

問い合わせ先

福島県食品生産協同組合 事務局
TEL-024-577-2111 FAX-024-577-2238